すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

成績が伸び悩む受験生は「法則」の学習を軽んじている

f:id:vaportrails:20170805010815p:plain

「法則」を軽視した学習は、結果遠回りになる

最近は特に、「英文法をやる暇があったら、ひとつでも多く英単語や英熟語を覚えたほうが良い」というせっかちな風潮があるような気がします。おそらくそれは、文法中心の受験英語が、結果として実践的英会話能力の向上に繋がっていない、という結果から逆算された価値観でしょう。

しかしもしその方法を取るのならば、見たことのない英単語・英熟語がひとつもなくなるくらいまで徹底的に憶え尽くし、ネイティヴ並みの頻度で英文を毎日読みこなさない限り、受験英語に対応することは難しくなります

「法則」をマスターすることで、憶えることを少なくできる

そもそも法則をマスターすることのメリットを、皆さん考えたことがあるでしょうか。法則は、別に物好きな学者が理屈をこねくり回すために存在しているわけではありません。それは当然「役に立つ」から存在しているわけです。では何の役に立つのか?

それはこと受験においては、「法則をマスターすると、憶えることを減らすことができる」ということです。より正確にいうならば、「憶えていないことにも対応することができる」ということになるでしょうか。

「高度な語彙力」を必要とする問題が、必ずしも「高度な語彙力」を求めているわけではない

よく難関大レベルの入試で、「この学部の入試問題では高度な語彙力が要求される」というような言われ方をしますが、これを真に受けると大変なことになります。そういった大学の狙いは、けっして受験生に驚異的な記憶力を求めているのではなく、むしろ「わからない単語に出あってもひるまずに、粘り強く考え抜くことで答えを導き出す能力」を求めているのですから。

そしてその「粘り強く考え抜く」過程において必要になってくるのが、安定した「法則」というものです。文法という法則を知っていれば、わからない単語が含まれた文章であっても意味を限定して類推していくことができますし、単語の構成自体にもまた、法則というものがあります。

大学が本当に求めているのは、「法則を理解し運用する力」

それらすでにマスターしている法則を適材適所に当てはめていくことで問題を解決していくというのが、受験において最も求められている「本当の能力」です。

単語や熟語をいくらたくさん憶えていても、そこに含まれている法則性を理解していなければ、知らない単語・熟語に出あった場合に太刀打ちできません。しかしそこに法則を当てはめて構造的に読み解くことができれば、冷静に答えを導き出すことができます。

そして難解大であればあるほど、入試問題は単純記憶では解けないようになっています。たとえば下線部の英単語の意味を問われている場合、その単語の持っているいくつかの意味を知っていたとしても、そのうちのどれが正解かというのは、文法によって文章の構造を読み解かない限り特定できないようになっている、というように。

つまりそのレベルにおいては、「単語の意味を知っている」という単純記憶は、そのまま正解というわけではなく、「数あるヒントのひとつ」に過ぎないわけです。本当に試されているのは、どの場面にどの法則を当てはめていくか、そしてそれをどう運用していくかという部分です。そのためにはまず、法則をしっかりと理解していること、そしてそれを適材適所に当てはめて応用する訓練が必要になってきます。

「法則」とはラクをするための便利な「道具」である

勉強を単純作業だと決めつけて、ただやみくもに時間と労力ばかりかけて単語や熟語ばかり憶えている受験生が伸び悩むのは、このように「本当は何を試されているのか」がわかっていないからです。上位校の入試問題は、「単に知っていれば正解できる問題」だけに全部答えても、合格できないようにちゃんと計算して作られています。

法則を理解することは、どの教科においても間違いなく勉強の軸となります。法則をマスターすることで、知らないことに対しても、確実に考える糸口を見つけることができる。法則とは面倒なものではなく、むしろラクをするための道具なのです。

特に成績が不安定で伸び悩んでいる受験生は、やみくもに単純記憶を増やすのではなく、いったん「法則」という強力な武器を取りに戻ることを、強く推奨します。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.