すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

偏差値の上下動が激しい受験生は、勉強のやり方が間違っている

f:id:vaportrails:20170510030337j:plain

偏差値が安定しない受験生は致命的な問題を抱えている

勉強の成績にはもちろん、偏差値や点数の「高←→低」という明確な判断基準があります。しかしもうひとつ忘れてはならないのは、成績が「安定している←→安定していない」というのも、受験生にとって非常に重要な情報であるということです。

言い替えると、「成績に激しい波があるかどうか」ということになると思います。標準的なケースであれば、良しにつけ悪しきにつけ、模試の成績などはさほど乱高下しないものです。いったん上がった数字が大きく下がる場合には、やはり何か致命的な問題点があると考えるべきです。

受験においては、圧倒的に「ホームラン<打率」

こういった偏差値の上下動が激しいタイプは、野球でいえば試合終盤のここぞという場面で代打起用されるタイプの「打率は低いが一発のあるホームランバッター」といったところでしょうか。しかしこと全体のアベレージで評価される受験という場においては、正直ホームランよりも打率のほうが圧倒的に重要です。

つまり偏差値が10以変わるような大きな上下動というのは、入試において致命傷になり得ると言うことです。少なくとも、数字の上限をあてにして勉強計画を立てるわけにはいきません。基本的には下限のほうの数字が、現時点における実力だと捉えて立て直しをはかる必要があります。

模試の手応えと点数が比例しないタイプは要注意

そしてこの成績が不安定なタイプの特徴は、毎度「試験の手応えが間違っている」ことが多いということです。「結構できたな」と感じた模試の結果が思いのほか悪かったり、逆に「全然駄目だった」と諦めていた模試の成績が意外と良くて驚いたり。

そういうタイプの人は、テストというのは当たるも八卦当たらぬも八卦、その振れ幅が当然だとたかをくくっていたりするのですが、それは大きな間違いです。なぜならばそんなイチかバチかのテストでは、学生の良し悪しを判定できない、つまりテストにならないからです。

逆にいえばテストというものは、「手応えのあった問題はできていて、手応えのなかった問題は間違っている」というのが正常な状態であるわけです。もしそうでなかったら、基本的には自分の手応え、つまり感覚のほうが間違っているということになります。

もちろんテストの質が悪かったり的はずれだったりすることも中にはありますが、その場合には「今回は受験で出ないところばかり出されたからできなかった」と自分でわかっているのであれば問題はありません。これもまた「手応えのなかった問題は間違っている」という正常な反応のひとつであるからです。

テストの手応えと結果が一致しない人は、「わかる/わからない」の判定が甘い

ではなぜ試験の手応えと結果が矛盾してしまうのか? そして偏差値が毎度安定しないのか? それにはいくつかの要因がありますが、基本的に言えるのは、普段の勉強法が間違っているということです。

受験勉強の基本はまず、自分にとって「わかること」と「わからないこと」を正確に見極めることです。しかしテストの手応えと結果が一致しない人は、普段の勉強におけるこの「わかる/わからない」判定が甘いか、あるいはロクに判定せずに進めてしまっている可能性が高い。

その結果、「自分ではわかっていると思っている箇所がわかっておらず、憶えていると思っている箇所を全然憶えていない」というようなことが頻繁に起こります。もちろん、その逆が発動すれば成績は急上昇するわけですが、「わかっていないと思っていたことが実はわかっていたっぽい」というような曖昧な状態を、間違っても「勉強ができている」と判断してはいけません。

そのように再現性の乏しい想定外の奇跡は、本番でアテにするにはあまりに頼りなさすぎるからです。そして勉強というのは「わからないこと/憶えていないこと」をひとつずつ「わかること/憶えていること」に変換してゆく作業ですから、自分の「わからないこと/憶えていないこと」を正確に把握するという第一段階がきちんとできていない限り、正直手の打ちようがないのです。でもここを面倒くさがる人、けっこう多いです。

「わからないこと」という確固たる素材があってはじめて、それに手を加えて「わかること」という製品を作り上げることができる。勉強のイメージとはそのようなものですが、この「わからないこと」という素材がフワッとした曖昧な状態だと素材として使い物にならず、なんの製品を作ることもできない、という残念な結果を招いてしまいます。そこらじゅうに形を持たないガラクタが転がっているだけ、という惨憺たる状況になってしまうのです。

「わからない箇所」の炙り出しを普段からしっかりやることで、成績は自ずと安定していく

こういった不安定な事態を改善するためには、まずは普段の勉強から、やり方を根本的に改める必要があります。とにかく片っ端から知識を詰め込んだり、ただ時間をかけて繰り返すというやり方ではなく、「どこがわかっていてどこがわかっていないのか」「どこを憶えていてどこを憶えていないのか」を明確に把握するところからはじめるやり方を身につけなければなりません

そのためには、できなかった箇所に印をつけることで「弱点を可視化」したり、理解の曖昧なところは放置せず、すぐに「基礎まで遡って固め直す」など、一個一個のプロセスを丁寧にやっていく必要があります。反対に言えば、偏差値の上下動が激しい受験生は、これら一個一個の作業が雑であるということになります。

そしてこれはつまり、自分の実力と全体像を丁寧かつ正確に把握するということです。いまの自分にはどこの何が足りなくて、まずはどこからどのような順序で手を打っていくべきなのか。自分がわからないこと/憶えていないことをはっきりと認識することで、自動的に対策は明確になってくるはずです。その作業を怠らずに普段からやっていれば、成績は自ずと安定していきます


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.