すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

参考書の「まえがき」を読み飛ばしてはならない

f:id:vaportrails:20170427022914p:plain

安易に「効率」を求めるあまり、手前にある宝を見落としていないか

受験生活がはじまると、とにかくなんでもかんでも「効率」を求めるようになります。それはもちろん悪いことではないのですが、一見して効率よさげに見えるものが、実際に効率よく働いてくれる可能性というのは、実のところあまり高くはありません

勉強しているにもかかわらず成績が伸び悩んでいるとしたら、これまで自分が効率を求めるあまりに捨ててきた部分、見逃してきた部分に向きあってみることを考えましょう。まだ「要/不要」の選球眼が育っていない段階で下した判断基準は、けっこう間違っていることが多いのです。

「参考書」とは「RPG」である!?

これはゲームの世界、たとえばロールプレイングゲームRPG)を例に考えてみればわかりやすいと思いますが、物語が前へ進まなくなった場合、かなり序盤の段階で重要な情報を見落としているというケースが少なくありません。ストーリーの序盤では、まだそのゲーム全体の「世界観」が見えていないため、「何が重要で、何が重要でないか」の判断がついていないからです。

これがゲーム中盤へと差しかかってくると、世界観つまり「製作者側の意図」が自然と掴めるようになってきて、ストーリー進行上「絶対に必要な情報」と「無視しても構わない情報」を徐々に見極められるようになります。

ついでなのでゲーム的表現のまま、参考書についても考えてみましょう。参考書一冊を一本のゲームと考えたとき、そこにはやはり製作者の作り出した「世界観」というものが間違いなくあります

参考書序盤には未熟だった受験生が、その参考書を仕上げるころには入試問題という難敵に敢然と立ち向かう勇者に成長している。参考書の主目的は、当然それを使った「受験生のレベルを上げること」ですから、そこには明らかにRPGとも共通した育成の手順が、あらかじめ仕込まれているわけです。

参考書製作者の「育成プラン」を読み取ろう

RPGというゲームスタイルの本質は、プレイヤーにとってはたしかに「冒険」です。しかし作り手の側からしてみると、「どうやってこの主人公に、ラスボスと対決できるだけの実力をつけさせていくか」という、ある種参考書的な「育成プラン」が求められてくるわけです。

ではその、ゲームの重要な世界観の鍵を握っているともいえる「育成プラン」は、参考書のどこを読めばわかるのか。参考書の「育成プラン」は親切なことに、だいたい冒頭の「まえがき」部分(もしくはそれに類する箇所)に記されています

「なんだ、そのまんまじゃないか」と思われる方も多いかもしれませんが、ここをすっ飛ばしていきなり本文に取りかかっている人が、実際のところかなり多いのです。しかもこのまえがき部分に関しては、一言一句読み飛ばさず精読する必要があります。なぜならばそこには多くの場合、その一冊をもっとも効率よく利用するための「方針」と「方法」が書かれているからです。

「まえがき」から参考書の「想定レベル」設定を見極める

その参考書がどのレベルをスタート地点に、どのレベルをゴールとして設定しているのか。「読んで理解」すればいい場所と、「理解した上で記憶」すべき場所はどのように分けられているのか。前から順番に積み重ねていくべきなのか、苦手箇所から手をつけるべきなのか。あるいはわからないことがあったときに、辞書代わりに参照すべき一冊なのか、そこまで網羅しているわけではないのか。

特に、その一冊を完璧に仕上げた到達点がどの大学のレベルにあるのかは、間違いなく使用前に把握しておかなければならない最重要項目です。ゴール地点が志望大学にフィットしていなければ、非常に効率の悪い勉強を積み重ねていくことになってしまうからです。

反対にいえば、それらの方針や方法が「まえがき」の部分から読み取れない参考書は、かなり不親切な参考書だと判断して良いでしょう。「そのぶんの労力を、本文や解説の部分に注ぎ込んでいる」という親切な見方も可能ではありますが、おおむねあらゆる箇所において「ケチ」で「不親切」である可能性が高いと思われます。

最初に全体の「世界観」を把握することが、その先の跳躍力を生む

こういった「まえがきの重要性」は、参考書だけでなく、予備校の授業を受ける際にも言えることです。「初回はまだ本格的な授業には入らないだろうから、なんとなく聞いておけばいいや」などと思って聞き流していると、その先生が打ち出している方針や方法、言ってみれば世界観を掴まえる最大のチャンスを失うことになり、その先とんでもない非効率を招くことになってしまいます。

結果を求められる世界で、人はとかく先へ先へと行きたがるものですが、実は誰もが見過ごしがちな手前の場所をしっかりと見つめることで、その先へとつながる大きな跳躍力を手に入れることができる、ということがよくあります。「効率」を求めるならば、まずは目の前にある宝を見逃さずに獲得することです


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.