読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

伸びる受験生は今日できることを明日に延ばさず、明日できることを今日しない

f:id:vaportrails:20170417010116j:plain

「時間」という制御困難な要素を味方につけるために

世の中には、「今日できることを明日に延ばすな」「明日できることを今日するな」という両極端な人生訓があります。「ならいったいどうすりゃいいんだよ!」って話ですが、わざわざ二種類言われているということは、つまり時と場合によってどちらも必要だということです。

もちろん受験勉強においても、それは例外ではありません。ここは適材適所でいきましょう。

どんなに今日という日を頑張っても、「質」が伴わなければ意味がない

まず前者の、「今日できることを明日に延ばすな」という気構えに関しては、勉強についてもよく言われることですが、「それができたら苦労はねえよ」という人も多いと思います。たしかに毎日できる限りのことをしていれば、確実に成績は伸びていくような気がします。

しかしそれはまた、見事に「質より量」という古典的な受験神話に陥っていると言うこともできます。無理せず明日に回せばいいことまで頑張って今日中にこなしても、そもそもそれが的外れな内容であれば、そのぶん寝たり遊んだりしたほうが、別の効果(体力回復、ストレス解消など)があるぶんだけマシかもしれません。

つまり、あくまでも「質」が伴わない限り、この人生訓は役に立たないということです。

「わからない箇所を発見した直後」は、「わかることを増やす」絶好のチャンス

そこでいま少し、ピンポイントな部分に的を絞って考えてみましょう。勉強において「今日できることを明日に延ばしてはならない局面」というのは、いったいどういう状況なのか?

是が非でも「即時対応」のスタンスを適用しなければならない場面、それは勉強中に「わからない箇所を発見したとき」です。

「わからない箇所を発見したとき」は、「わかることを増やす」最大のチャンスです。そして人間、わかっている箇所は忘れにくいが、わからない箇所はすぐに忘れてしまいます。わかっていることは保存が利きますが、わからないことは賞味期限の非常に短い、いわば「生もの」なのです。

わからない箇所を発見したにもかかわらず、「後日気が向いたら調べよう」とか、「また次にどこかで出くわすだろうから、そのとき調べりゃいいや」などと悠長に構えていると、「次に出あったのは本番の入試会場だった」という笑えないオチが待っているのが世の常というものです。

ですから、「問題箇所の発見と解決はワンセット」であるということをまず心掛けてください。わからないことに遭遇したら、先送りにせずその場で調べること。もし調べてもまだわからない場合でも、諦めずに必ず「どこがどうわからなかったのか」を記録に残しておき、その「わからなさ」を忘れないうちに、先生に訊くなり別の参考書を調べるなりして解決してしまうことです。

そういう場合にはたしかに、「今日できることを明日に延ばすな」という姿勢は有効であると言えるでしょう。

受験勉強の大敵は「調子の波」

さて、ではもう一方の「明日できることを今日するな」という言葉は、受験勉強におけるどのような場面で有効なのでしょうか。これは簡単に言ってしまえば「頑張りすぎるな」という意味に取れますが、では頑張りすぎて何が悪いのか、と。

しかしこの言葉の本質には、「ペースを乱すな」という意味が隠されているように思います。「調子のいい日に明日の分までやっとこう」という気持ちの裏には必ず、「調子の悪い日にはあんまりやらなくていいや」という気持ちが眠っています

そもそも成績がまだ上がってこない状態で「勉強の調子がいい日」など滅多になくて当然ですから、そういった「調子の波」をいったん認めてしまうと、挽回不可能な借金がどんどん嵩んでいくことになります。

つまり「調子の波」を作らずコンスタントに勉強を続けていくためには、「調子のいい日」などという滅多にない日の存在を認めないほうが良いのです。

自分の中に「調子の波」を認めたが最後、ほとんどの日が「調子の悪い日」のような気分になり、ほぼ毎日が「今日できることを明日に延ばす」日になってしまいます。たまに訪れる「頑張る日」の存在が、はからずも大量の「頑張らない日」を生み出してしまうのです。

長距離走である受験勉強において、頻繁にスパートをかけるとペースを見失う

よく受験勉強はマラソンにたとえられますが、いわば「勉強の調子がいい日」に翌日のぶんまでやってやろうというのは、マラソンでいえばスパートをかけるようなものです。計算上は、スパートとスローダウンを頻繁に繰り返しても、トータルでタイムが上がれば良いということになります。

しかし現実には、そんな全速力と徒歩を交互に繰り返すような、極端にリスキーな走り方をする一流選手はいません。

スパートは、かけるにしてもロングランの中では一度か二度が限界でしょう。しかもあれはレース上の駆け引きとしてやる必要があるときにやるもので、記録だけを純粋に追求するのならば、おそらくはスパートなどせずに一定のペースで走り続けたほうが、ベストタイムが出る可能性は高いはずです。

エアコンも、スイッチを入れた直後の「立ち上がり」の段階がもっとも電源を食うといいます。レース中に何度もペースチェンジをすると、スローな状態からいちいちペースアップするたびに、繰り返し「立ち上がり」時の多大な負担を身体にかけることになってしまうのです。

つまり、結果的には一定のペースで走っていたほうが速いし楽でもあるということを、みんな体感的にわかっているから、マラソンランナーはああいう一定の走り方をしているのです。

大事なのは、わからないことを先送りにせず、調子の波を作らないこと

受験勉強においては、「今日できることを明日に延ばすな」は「わからない問題を先延ばしにしない」こと、「明日できることを今日するな」は「受験勉強に調子の波を作らないこと」と解釈して、限られた「時間」と柔軟につきあっていくことが肝要です。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.