究極の一冊に辿り着くためには、数多くの参考書に目を通すしかない

「おすすめ」の海で溺れないためには、確かな「選択眼」を身につける必要がある いまやAmazonのレコメンド機能を筆頭に、待っているだけでなんでもかんでも自動的に選んでくれる世の中になりました。しかしそれが当たり前になっているということは、「誰もがその恩恵を受けている」ということであって、その方法では「他人…