最高の記憶術は、自分の「記憶力のなさ」を認めること

それは「記憶力がない」のではなく、「自分の記憶力をわかっていない」だけ よく「自分はどうせ記憶力がないから」という人がいます。私はそういう人に会うと、「ではどのくらい記憶力がないのか?」とあえて尋ねることにしています。するとだいたい「とにかく憶えられない」などと、特に根拠のない曖昧な答えが返ってくる…