すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

勉強しているのに成績が伸びない人は、理解と記憶の「自己判定」が甘い

f:id:vaportrails:20170612221120j:plain

受験勉強とは「理解」と「記憶」の積み重ねである

受験勉強の基本は、「理解」と「記憶」の二段階です。本当ならばここに「表現」を加えたいところですが、大学受験までのレベルでそこまで求められることはあまりありません。なぜならば「表現」に関しては、大人数を短期間で、かつ平等に採点するのがひどく難しいからです。

たとえば慶應大学の小論文のように、一見「自己表現」を求めているような形式の出題も一部ありますが、それも本当のところは課題文の読解と要約がメインで、持論を展開する余地はあまり用意されていません。むしろ持論に文字数を割きすぎると、課題文の読解を放棄しているように見えてしまい、失点する危険性が上がります。これはつまり、受験生には勉強における「表現」以前の段階、つまり「理解」と「記憶」が第一に求められているということです。

伸びる受験生と伸び悩む受験生の決定的な「違い」とは?

これまでにも書いてきましたが、受験勉強とは「わからないこと」を「わかること」に変え、「知らないこと」を「知っていること」に変えていく作業です。それをしっかりと積み重ねていけば、成績は自然と上がっていくものです。

しかし一方で、周囲と同じくらい勉強しているにもかかわらず、成績が伸び悩む受験生もいます。いや客観的に考えてみると、順調に偏差値が上昇曲線を描いてゆく受験生のほうがむしろ少数派で、伸び悩んでいる人のほうがデフォルトの状況であると言うべきかもしれません。「全員の偏差値が上がる」という状態は、システム的にあり得ないわけですから。自分が多少伸びていても、周りがそれ以上に伸びていれば、偏差値も合格率もむしろ下がってしまうことになります。

そのように伸び悩んでしまう受験生と、順調に伸びてゆく受験生は、いったい何が違うのか? もちろんそれには様々な原因が考えられますが、両者のあいだに見られる最も大きな「違い」とは、普段の勉強における「自己判定の厳しさ」の違いです。

勉強においてもっとも障害となるのは、「その気になっている」状態です。これは調子に乗っているという意味ではなく、「わかった気になっている(が、実はわかっていない)」「憶えた気になっている(が、うろ覚えでしかない)」といった意味での「気になっている」状態のことを指します。

理解と記憶の「自己判定」の甘さが、大いなる非効率を招く

先ほども言いましたが、勉強の基本とは、「わからないこと」を「わかること」に、「知らないこと」を「知っていること」に変えていくことです。それにはその前段階として、「わかること」と「わからないこと」を、「憶えていること」と「憶えていないこと」をハッキリと選別する作業が必要となってきます。しかしこの判定が甘かったとしたら、いったいどのようなことが起こるでしょうか?

たとえば「わかること」を「わからないこと」だと思っている場合は、まだしもリスクが少ないと言えます。しかしすでにわかっていることをまた勉強することになるため、時間的な無駄が多くなり、効率的とは言えません。「憶えていること」を「憶えていないこと」だと思っている場合にも、同様な無駄が発生します。

そしてやはり大きな問題となるのは、「本当はわかっていないこと」を「わかったこと」としてカウントし、「うろ憶えでしかないこと」を「憶えたこと」に入れてしまっているケースです。

ペーパーテストにおいて、「7割の正解」は「不正解」と同じ

入学試験をはじめとするペーパーテストの残酷さというのは、「7割方わかっていること」が「不正解」と判定されてしまうところにあります対面で話をする場合には、わりとアバウトな知識でも、相手の助け船によって話がスムーズに進むことが珍しくありません。人名や年号を少し間違えても、あるいは内容に多少の誤情報が混じっていても、その主旨はさほど劣化することなく伝わるものです。

しかしこと入試問題となると、様相はまったく異なります。歴史の年号は1年間違えようと100年間違えようと同じく不正解になってしまいますし、現代文で「内容的にはほとんど合っているが、本文に書かれていない主張が数文字だけ含まれている選択肢」を選んでしまえば、即座に不正解とみなされてしまいます。

「そうはいっても、難関校レベルだと、逆に年号を単純に訊いてくるような問題は出てこないから大丈夫」

そんな風に高をくくっている人もいるかと思いますが、それは問題の表面的な形式にすっかり騙されてしまっています。たとえば「以下の出来事を年代順に並べなさい」という歴史問題が出題された場合、うっかり「年号はうろ覚えでもなんとなく答えられそうだな」と思ってしまいがちですが、いざ取り組んでみると1~2年しか差のない出来事が紛れ込んでおり、結果的に「あらゆる年号を正確に記憶していないと正解できない問題」であったりすることがよくあります。

つまりこれはむしろ、「年号を正確に憶えているか」+「一連の出来事の流れを理解しているか」を同時に試す一石二鳥的な問題であるのです。形式的には後者のみを訊いているようでありながら、その前提としての前者を求められてもいるのです。

難関校レベルでは、このように「問題文の表現と問うている本質が異なる」問題や、「一問で複数の知識を立体的に試してくる」問題が数多く出題されます。そうなったときに何よりも必要となってくるのが、その項目に関する「完全な理解」と「正確な知識」です。逆にいえば、7割方くらいの理解や記憶は、無知と同様でありまったく役に立たないということです。

理解と記憶の「正確な自己判定」が、実戦で使える「正確な知識」を生む

これはけっして、「すべての知識を、完璧に身につけろ」という無茶ぶりをしているのではありません。そんなことは到底不可能であるからです。

ならば受験生は何をやるべきか? それは「必要な量の知識を見極め、それに関してはひとつひとつ完璧に身につけていく」ということです。そのためにはまず、「本当に身についているのかどうか」の判定を、常に厳しく下していく姿勢が必要となります。

わかっているようで本当はわかっていないかもしれない「怪しい知識」に関しては、後回しにせずすぐに調べてしっかりと固めてしまう。憶えているようで憶えていないかもしれない「うろ憶えの知識」に対しては、定期的にしつこく確認作業をしていく。

そうやってひとつひとつの知識の精度を上げていくことで、取れる点数を確実に取っていくという作業の積み重ねだけが、着実に成績を向上させてくれるのです


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

受験勉強に必須の4段階のうち、最も疎かにされているもの

f:id:vaportrails:20170603141045j:plain

受験勉強には4段階のプロセスがある

受験勉強には基本的に、4段階のプロセスがあります。そのうちの3つは、「志望校分析」「計画立案」「計画遂行」です。目標地点である志望校について知り、その情報を元に目標へと至る道筋すなわち勉強計画を立て、勉強を積み重ねることでそれを着々と遂行してゆく。この3段階に関しては、理解してそこそこ実践している人が多いことと思います。

しかしそこには、大事な段階がひとつ抜けています。それはその先の就職活動においては重視されていますが、手前にある受験勉強においては軽視されがちなものです。

敵を知り、己を知らずして戦うことなかれ

孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という有名な言葉があります。これは戦に限らず、何かを攻略する際にはあらゆる状況に当てはまる言葉です。

ところが多くの受験生は、「敵=志望校」については色々と調べますが、「己」について知るという「自己分析」をあまりやりたがりません。人は目的地のことはよく調べますが、出発点についてあまり調べようとしないのです。受験勉強において疎かにされがちな残りの1段階とは、すなわちこの「自己分析」というプロセスです

現在地が不明瞭なカーナビでは、「合格」というゴールへ辿り着けない

しかし受験勉強という長い旅路を成功させるには、自分自身の現在地とスペックを知ることは必要不可欠な要素です。いくら目的地のことを把握していても、現在地が不明瞭なカーナビは役に立ちません。現在地と目的地、その両方が明確になってはじめて、目的地へと到着するルートが見えてきます

敵のことばかり気にして、自分のことをあまり理解していないまま戦いに臨むのは愚策です。自分自身の長所も短所も、持っている武器すらよくわからないまま、敵に挑もうとしている。それは明らかに無謀な戦いです

「自分自身」を含まない計画は机上の空論

計画を遂行する際に、もっとも厄介なものは何だと思いますか? それは「計算外の無計画な行動」であり、「計算外の無計画な行動をする人間」です。当然ですが、計画というものは計画通りに進めなければ上手くいきません。ここで言う「計算外の無計画な行動をする人間」とはもちろん、受験生自身のことです。

しかしそもそも、人間というのは完璧に計画的な存在ではありません。人はしばしば「計算外の無計画な行動」を取ります。4時間勉強するつもりが1時間寝てしまったり。行き帰りの電車内で単語帳をやるつもりがついついスマホでゲームをしてしまったり。

だがそこでよくよく考えてみると、それら「計算外の無計画な行動」がなぜ「計算外の無計画な行動」なのかというと、むしろ「それらの行動があらかじめ計画に含まれていないせいだ」と言うことができます。つまり「計算外の無計画な行動」自体が悪いのではなくて、そんな自分自身の「行動のクセ」を想定に入れていない計画自体に問題があるのだと。つまり自分自身を全然理解できていないということです。

計画は「誰がやるか」によって大きく異なる

計画というのは、計画のための計画では意味がありません。機械が遂行するわけではないのですから、それは必ず「誰がやるか」を計算に含めた計画でなければまともに機能しません

計画においては「何をやるか」だけでなく、「誰がやるか」も同じくらい重要な要素なのです。偏差値40の受験生と偏差値70の受験生が同じ大学を目指すとしたら、目的地は同じでもそれぞれまったく異なる計画が必要となってきます。さらに同じ偏差値55の受験生でも、それぞれの人格や習慣、得意不得意によって計画は大きく変わってきます。

では「自分自身を知る」とはいったいどういうことなのか?

受験勉強において必要な自己分析とは、まず第一にこの「自分自身の行動や思考のクセを知る」ということです。勉強中に居眠りをしてしまうのであれば、それを想定して最初から昼寝の時間を確保する。電車内でゲームをやってしまうのであれば、そこは割り切って休憩時間として計上し、そのぶん他の休憩時間を減らす。などなど、自分の性格や行動パターンをしっかりと把握していれば、それに合わせて柔軟に計画を適応させることができます

そして第二に、模試の成績などで「自分自身の成績=現在地を正確に知る」というのも非常に重要な要素です。自分はどこが得意で、どこが苦手なのか。どういう形式の問題に強く、どういう形式の問題に弱いのか。今後伸びしろのあるジャンルはどこか、むしろこれ以上勉強する必要がないジャンルはどこか。全体の数字だけを見て落ち込んだり満足するのではなく、各問レベルの細かい数字と徹底的に向きあうことで、自分自身の現在地を立体的に把握することができるようになります。

たとえば同じ不正解でも、「7割方わかっていたのに結果不正解」と「まったくわからなかった不正解」ではまったく意味が異なります。地図でいえば、目的地に近い地点で迷っているのか、皆目見当がつかない樹海で彷徨っているのかというくらいの違いがあります。ということはつまり、その出題範囲に関して、今後何をどれくらいやるべきかもまったく変わってくるということです。先ほども言ったように、現在地が把握できなければ、目的地へのルートを弾き出すことはできません

多くの受験生が疎かにしているプロセスだからこそ、大きな「伸びしろ」が眠っている

志望校の情報は、過去問を調べれば誰でも平等に手に入れることができますが、自分に関する情報は、自分自身でしか正確に把握することができません。特に問題を解いたときの「手応え」のような感覚的な情報に関しては、どんなに親身な先生にも把握しようのないものです。

勉強とは常に、何かを知ることによって己を知ることでもあります。いまの自分自身に、何が足りていて、何が足りないのか。どこまでがわかっていて、どこからがわからないのか。どういう方法が向いていて、どういう方法が向いていないのか。ただ遠くの目標ばかり見てやみくもに勉強を進めるのではなく、自らの足下をもきっちりと捉えなおすことで、この先歩むべき道筋がハッキリと見えてきます

そして多くの人が疎かにしているプロセスであるということは、そこにはライバルと差をつける大きな伸びしろが眠っているということです。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

受験勉強の鍵を握る「ついで力」

f:id:vaportrails:20170527205107j:plain

受験で求められるのは「能力」などという圧倒的な力ではない

受験に成功する人と失敗する人の決定的な違いとはなんでしょうか? 多くの受験生はこれを愚問と感じ、「結局は能力の違いでしょ」と思っているかもしれませんが、それはむしろ「能力」というものの価値を安く見積もりすぎています。「能力」というものはもっと固有かつ圧倒的なものであって、何千人単位が入れる大学の受験生が共有できるようなレベルのものではありません。

ましてや固有の「能力」を測るのは、選考する学校側にとっても非常に面倒な作業なので、画一的な入学試験ではとても対応できません。ゆえに入学試験で測ることができるのは「能力以前の何か」でしかありません。それはもちろん、将来的には「能力」とつながっていくものだからこそわざわざ試されるわけですが、かといって志望校を受験する時点において必要とされるのは、「能力」などというたいそうなものではあり得ないわけです。それはほとんど敗者の言い訳にすぎない。

試されているのは「能力」ではなく、その手前にある「習慣」である

ではその受験で試される「能力以前のもの」の正体とは何なのか? そうなるとつい「潜在能力」という言葉を使いたくなりますが、どうやらそれも違います。「潜在能力」という言葉には、むしろ「能力」以上に「努力ではどうにもならない感じ」が潜んでいるからです。受験で求められているものは、もっと「努力でどうにかなるもの」に違いありません。そうでなければ、誰も受験勉強など最初からしないはずです。

つまり受験で求められているものとは、「能力以前のもの」でありながら「やがて能力につながっていくもの」であるということです。それはある種の「習慣」とでも言うべきものかもしれません。よりもったいぶった言い方で「方法」と言いたいところですが、「方法」を繰り返して身についたものが「習慣」です。たとえば私たちが日ごろ行っている「歯磨き」という動作も、最初の段階では「方法」として意識的に行われていたものが、やがて「習慣」化して自然とできるようになったものであると言えます。

受験勉強を最大効率化してくれる「ついで」の習慣

それでは受験勉強において最も重要な「習慣」とはいったい何か? それは勉強に限らず、何事においても「ついでにやっておこう」という「習慣」です

「なんだそんなことか」と高をくくってはいけません。受験勉強においてはよく「効率」が重要視されますが、この「ついで」というのが、実のところ最も「効率の良い動作」であるからです。

たとえば母親に、「ベランダの洗濯物を取り込んでおいて」と頼まれた場合、あなたは取り込んだ洗濯物を、どうするでしょうか? 

ハンガーにかかった状態のまま、そこらへんのソファの上にでもポンとまとめて放置しておきますか? それとも、取り込んだついでにハンガーを外しておきますか? あるいはさらについでに、服を畳んでおきますか? もっとついでをいうならば、畳んだ服の中から自分の分を選んで、自室のクローゼットにしまいますか? 欲を言えばもひとつおまけに、外したハンガーのほうも、あるべき場所に片づけておきますか?

こんな風にいちいち書くとだいぶ面倒くさいですが、ただ「洗濯物を取り込んでおいて」とひとこと言われただけでこれを最後までできる人は、社会に出ると「もの凄く仕事のできる人」です。しかもこの一連の動作を、行ったり来たりせずに、あくまでも最初の動作からの「ついで」の流れでスムーズにこなせる人は、かなり「有能な人」です

勉強とは「ついで」の連続である

「いったいなんの話をしてるんだ?」と訝しむ人もいると思いますが、これはまさに勉強の話をしているのです。「勉強」という作業とはつまり、「ついで」の連続によって成り立っているからです。

たとえば英語長文を読んでいて、意味の取れない文章に出くわしたとします。まずはここでわからない文章に出会ったついでに、その文章のどこがわからないのかを突き止める「習慣」があるかどうかで学力は大きく分かれます

そして意味のわからない単語があるならば、そこでついでに辞書を引くかどうか。さらに辞書を引いたついでに、その単語を用いた例文まで読むかどうか。その単語の持つ他の意味まで読むかどうか。

あるいは構文が取れていないならば、そこで文法の参考書をめくってどのパターンに当てはまるかを確認するかどうか。そして参考書の該当箇所に載っている例文まで読むかどうか。さらにはその長文に再チャレンジしたときのために、わからなかった文章に印をつけて痕跡を残しておくかどうか。

とにかく勉強という作業には「ついで」が溢れていて、それをまったく無視してしまう人と、次々と着実に「ついで」をこなしていく人のあいだには、同じ問題に取り組んでいるにもかかわらず、とんでもない実力差が生まれてしまいます

「ついで」の連鎖が知識を積み上げていく

「そんな面倒くさいこと、いちいちやってらんない」と思う人も少なくないかもしれません。しかしそこで「ついで」をやっておかなければ、結局はまた別の機会にもう一度その作業を改めてやることになるのです。

取り込んだ洗濯物をそのままソファに放置しておいたら、自動的に畳まれてクローゼットに入ってくれるわけではありません。のちほど誰かがその場に改めてやってきて、ハンガーを外したり、畳んだりしなければならないのです。置いておけば自然に自分の部屋のクローゼットに収まっているのは、お母さんが残りの「ついで」を全部やってくれているからなのです。

しかし勉強に関しては、他人に「ついで」を任せるわけにはいきません。もう一度同じような問題にぶつかったとき、あなたは前回やり残した「ついで」を、ソファに置きっ放しになっている洗濯物を、改めて取りに来なければなりません。そして長期間放置されていた洋服は、もはやすっかりホコリをかぶっていて、もう一度洗濯機を回すところからやり直さなければならないかもしれません。

つまり「ついで」はそのときにやらなければ「ついで」でもなんでもなく、二度手間三度手間というとんでもない非効率を招いてしまうことになります。そして多くの人が、実は気づかぬうちにこれをやっているのです。「ついで」のチャンスが発生したときに「ついで」をしっかりやっておかないと、毎度イチからやり直すことになってしまい、知識が積み上がっていかないのです。

「ついで力」は日頃の習慣によって身につけることができる

知識というものは基本的に、単体では弱く脆いものです。しかしそれが周辺の知識と結びついたときに、初めて脳内に安定した場所を手に入れることができます。そしていったん他の知識と結びついた知識はなかなか離れないため、たとえその本体を忘れてしまっても、周辺の知識からなんとか引っ張り出すことができるようになります。

勉強というのはつまり、そうやって「ついで」を積み重ねていくことで、様々な知識を連関させながら身につけていくことです。そしてこの「ついで力」とでも言うべき力は、最初に言ったように「能力」というほどのものではなく、「習慣」として身につけることが充分に可能なものです。「ついで」は全体を「効率化」させてくれるうえ、将来的に仕事にも生きてくる重要な「習慣」ですから、日常生活のレベルから早い段階で身につけておくことを強くお勧めします。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.