読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている

才能でも根性でも運でもなく、「考え方」と「適量の努力」で受験に合格するための戦略的思考法

受験勉強の鍵を握る「ついで力」

f:id:vaportrails:20170527205107j:plain

受験で求められるのは「能力」などという圧倒的な力ではない

受験に成功する人と失敗する人の決定的な違いとはなんでしょうか? 多くの受験生はこれを愚問と感じ、「結局は能力の違いでしょ」と思っているかもしれませんが、それはむしろ「能力」というものの価値を安く見積もりすぎています。「能力」というものはもっと固有かつ圧倒的なものであって、何千人単位が入れる大学の受験生が共有できるようなレベルのものではありません。

ましてや固有の「能力」を測るのは、選考する学校側にとっても非常に面倒な作業なので、画一的な入学試験ではとても対応できません。ゆえに入学試験で測ることができるのは「能力以前の何か」でしかありません。それはもちろん、将来的には「能力」とつながっていくものだからこそわざわざ試されるわけですが、かといって志望校を受験する時点において必要とされるのは、「能力」などというたいそうなものではあり得ないわけです。それはほとんど敗者の言い訳にすぎない。

試されているのは「能力」ではなく、その手前にある「習慣」である

ではその受験で試される「能力以前のもの」の正体とは何なのか? そうなるとつい「潜在能力」という言葉を使いたくなりますが、どうやらそれも違います。「潜在能力」という言葉には、むしろ「能力」以上に「努力ではどうにもならない感じ」が潜んでいるからです。受験で求められているものは、もっと「努力でどうにかなるもの」に違いありません。そうでなければ、誰も受験勉強など最初からしないはずです。

つまり受験で求められているものとは、「能力以前のもの」でありながら「やがて能力につながっていくもの」であるということです。それはある種の「習慣」とでも言うべきものかもしれません。よりもったいぶった言い方で「方法」と言いたいところですが、「方法」を繰り返して身についたものが「習慣」です。たとえば私たちが日ごろ行っている「歯磨き」という動作も、最初の段階では「方法」として意識的に行われていたものが、やがて「習慣」化して自然とできるようになったものであると言えます。

受験勉強を最大効率化してくれる「ついで」の習慣

それでは受験勉強において最も重要な「習慣」とはいったい何か? それは勉強に限らず、何事においても「ついでにやっておこう」という「習慣」です

「なんだそんなことか」と高をくくってはいけません。受験勉強においてはよく「効率」が重要視されますが、この「ついで」というのが、実のところ最も「効率の良い動作」であるからです。

たとえば母親に、「ベランダの洗濯物を取り込んでおいて」と頼まれた場合、あなたは取り込んだ洗濯物を、どうするでしょうか? 

ハンガーにかかった状態のまま、そこらへんのソファの上にでもポンとまとめて放置しておきますか? それとも、取り込んだついでにハンガーを外しておきますか? あるいはさらについでに、服を畳んでおきますか? もっとついでをいうならば、畳んだ服の中から自分の分を選んで、自室のクローゼットにしまいますか? 欲を言えばもひとつおまけに、外したハンガーのほうも、あるべき場所に片づけておきますか?

こんな風にいちいち書くとだいぶ面倒くさいですが、ただ「洗濯物を取り込んでおいて」とひとこと言われただけでこれを最後までできる人は、社会に出ると「もの凄く仕事のできる人」です。しかもこの一連の動作を、行ったり来たりせずに、あくまでも最初の動作からの「ついで」の流れでスムーズにこなせる人は、かなり「有能な人」です

勉強とは「ついで」の連続である

「いったいなんの話をしてるんだ?」と訝しむ人もいると思いますが、これはまさに勉強の話をしているのです。「勉強」という作業とはつまり、「ついで」の連続によって成り立っているからです。

たとえば英語長文を読んでいて、意味の取れない文章に出くわしたとします。まずはここでわからない文章に出会ったついでに、その文章のどこがわからないのかを突き止める「習慣」があるかどうかで学力は大きく分かれます

そして意味のわからない単語があるならば、そこでついでに辞書を引くかどうか。さらに辞書を引いたついでに、その単語を用いた例文まで読むかどうか。その単語の持つ他の意味まで読むかどうか。

あるいは構文が取れていないならば、そこで文法の参考書をめくってどのパターンに当てはまるかを確認するかどうか。そして参考書の該当箇所に載っている例文まで読むかどうか。さらにはその長文に再チャレンジしたときのために、わからなかった文章に印をつけて痕跡を残しておくかどうか。

とにかく勉強という作業には「ついで」が溢れていて、それをまったく無視してしまう人と、次々と着実に「ついで」をこなしていく人のあいだには、同じ問題に取り組んでいるにもかかわらず、とんでもない実力差が生まれてしまいます

「ついで」の連鎖が知識を積み上げていく

「そんな面倒くさいこと、いちいちやってらんない」と思う人も少なくないかもしれません。しかしそこで「ついで」をやっておかなければ、結局はまた別の機会にもう一度その作業を改めてやることになるのです。

取り込んだ洗濯物をそのままソファに放置しておいたら、自動的に畳まれてクローゼットに入ってくれるわけではありません。のちほど誰かがその場に改めてやってきて、ハンガーを外したり、畳んだりしなければならないのです。置いておけば自然に自分の部屋のクローゼットに収まっているのは、お母さんが残りの「ついで」を全部やってくれているからなのです。

しかし勉強に関しては、他人に「ついで」を任せるわけにはいきません。もう一度同じような問題にぶつかったとき、あなたは前回やり残した「ついで」を、ソファに置きっ放しになっている洗濯物を、改めて取りに来なければなりません。そして長期間放置されていた洋服は、もはやすっかりホコリをかぶっていて、もう一度洗濯機を回すところからやり直さなければならないかもしれません。

つまり「ついで」はそのときにやらなければ「ついで」でもなんでもなく、二度手間三度手間というとんでもない非効率を招いてしまうことになります。そして多くの人が、実は気づかぬうちにこれをやっているのです。「ついで」のチャンスが発生したときに「ついで」をしっかりやっておかないと、毎度イチからやり直すことになってしまい、知識が積み上がっていかないのです。

「ついで力」は日頃の習慣によって身につけることができる

知識というものは基本的に、単体では弱く脆いものです。しかしそれが周辺の知識と結びついたときに、初めて脳内に安定した場所を手に入れることができます。そしていったん他の知識と結びついた知識はなかなか離れないため、たとえその本体を忘れてしまっても、周辺の知識からなんとか引っ張り出すことができるようになります。

勉強というのはつまり、そうやって「ついで」を積み重ねていくことで、様々な知識を連関させながら身につけていくことです。そしてこの「ついで力」とでも言うべき力は、最初に言ったように「能力」というほどのものではなく、「習慣」として身につけることが充分に可能なものです。「ついで」は全体を「効率化」させてくれるうえ、将来的に仕事にも生きてくる重要な「習慣」ですから、日常生活のレベルから早い段階で身につけておくことを強くお勧めします。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

参考書選びにかけた時間こそが、その先の劇的な「効率化」を約束する

f:id:vaportrails:20170523020210j:plain

目の前の単純作業に「逃避」する受験生は伸びない

一般に成績が伸び悩んでいる学生ほど、目の前のことばかりやりたがる傾向にあります。それはけっして「素直」なのではなく、そのほうが彼にとっては「ラク」だからです。単語帳や用語集とばかりにらめっこしている受験生は、特に要注意です。

このタイプの受験生は、周囲から見れば一生懸命やっているように見えるかもしれません。しかし実際には、無駄な時間と労力を積み重ねているだけです

「参考書選びに迷ってる時間があったら、一個でも多く英単語を覚えたほうがいい」その気持ちはわかりますが、時間には「かけどころ」というものがあります。そして多くの受験生は、「覚える」ことにばかり時間をかけすぎて、「選ぶ」ことにあまり時間をかけていないように思えるのです。

しかしそれではまるで、適当に選んだつまらない本を無理して最後まで読んだり、つまらないゲームをなんとかクリアするまでやったりするのと同じではないでしょうか。買う前にもっとしっかり迷ってしっかり選んでさえいれば、そんなに長いこと無駄な時間を過ごす必要などなかったわけです

すぐそこにある「ラク」よりも、受験勉強全体が「ラク」になる方法を

彼らが目の前のことばかりやりたがる本当の理由は、自らの受験勉強法について「考えるのが面倒くさい」からです。しかしついつい「考えるのが面倒くさい」と思ってしまうのは、それがどこか「他人事」に思えているからではないでしょうか。

当たり前の話ですが、自分の人生は、自分で考えるしかありません。もちろん、素直に人の意見に耳を傾けることは重要ですが、決めるのは自分です。これはけっして綺麗ごとを言っているのではなく、実際のところそうしたほうが、結局のところ自分にとって「ラク」だからです。

そう、「目の前のことばかりやる」のも、「根本的な勉強のやり方を考える」のも、どちらも「ラク」をするためにやっているということに変わりはありません。ただしそれぞれに「ラク」の質が異なります。前者は「とりあえずいまはラク」という意味ですが、後者は「全体を考えると効率が良い」という意味の「ラク」です。

人生における本当の「ラク」さというものは、けっして弛緩したものなどではなく、実は無駄を省いた「ソリッド」なものなのです

あとで迷うくらいなら、最初に思いっきり迷っておいたほうが良い

勉強のやり方を決めていく上でも、ある意味で自らの人生を委ねることになる参考書選びは、もっとも重要な作業のひとつです。それは受験生を志望校へと運んでくれる船であると同時に、ものによっては乗客を海底に沈める泥舟でもあります。

つまりはこの参考書選びの段階においてすでに、「全体における最大効率」を考えて臨む必要があるということです。プロジェクトを成功に導くコツは、一番最初の準備に時間と労力をかけることです。初期において選択肢を間違えてしまうと、後々その間違いの幅はどんどん広がっていくことになり、結局ふりだしに戻ってやり直すはめになります。

参考書選びに関しては、とにかく多くの情報、評判を集め、大いに迷ってください。あとで迷うくらいなら、最初に迷っておくのが得策です。ただしネット上にある情報は賛否両論かつ玉石混交であるため、必ず自ら書店で手に取って吟味することを強くおすすめします。

参考書だけでなく、学習方法も早い段階で試行錯誤を

参考書選びの基準となり前提となるのは、まず第一志望校の「出題傾向」ですが、もうひとつ重要な基準となるのは、自分自身の「学習傾向」です。この二つの相性が一致したところにあるものを、間違いなく選び抜くのが理想です。

この「自身の学習傾向」については、思いのほか把握しきれていない人が多いのではないでしょうか。「中学のころ、担任の先生に『書いて憶えろ』と言われたから」というだけの理由で、ひたすらノートに単語を書きまくる勉強法を貫いている猛者も少なくありません

それが本当に自分にとって最適の方法であれば問題はないのですが、少なくとも他の方法をひととおり試したうえでなければ、「最適な方法」など見つかるはずもありません。この段階であらゆる方法を模索しておくことは、一見遠回りに思えるかもしれませんが、必ずのちの加速/向上を約束し、全体の大幅な効率化につながります。

参考書選びはとにかく焦らず、納得ゆくまで吟味しましょう。自分の手と頭で最高の伴侶を選んだという手ごたえは、長く受験勉強を続けていくうえで、成績向上の立役者となるだけでなく、必ずや強い心の支えにもなってくれるものです


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

受験勉強とは「RPGのレベル上げ」である

f:id:vaportrails:20170518161344j:plain

難易度設定を間違えると、受験勉強が「クソゲー」になる?

突然ですが、ゲームの世界で駄作が「クソゲー」とまで呼ばれてしまう最大の要因はなんだと思いますか?

荒唐無稽な世界観? つまらないストーリー? 映像レベルの低さ?

どれも要因のひとつではあるかもしれません。しかしゲームの肝は、実のところもっとシンプルなところにあります。

クソゲー」が「クソゲー」たる最大の要因、それは「難易度設定が不適切である」ということです。「不適切」というのはつまり、「難しすぎる」のも「易しすぎる」のもどちらも駄目だということです。あまりに難しすぎればプレイヤーはすぐにやる気をなくし、簡単すぎればまったく歯ごたえがないため、プレイしている実感が感じられず飽きてしまいます。

両者ともに「努力が報われない」という点が共通しています。極度の難しさは努力では越えられず、いきすぎた易しさは努力を必要としないからです。

人間のモチベーションを下げるのは、何よりも「努力が報われない」という感覚です。逆に言うならば、「気持ちよく努力させてくれる」のがゲームの面白さであり、良いゲームの条件であるとも言えます。「ゲーム」を「人生」と言い替えても、同じことが言えるかもしれません。

そして受験勉強においても、実はこの「難易度設定」というのが、受験生のモチベーションを大きく左右する重要な役割を果たしています

とはいえ、志望校の難易度を下げる必要はない

しかしこれはけっして「志望校のレベル設定」のことを言っているのではありません。志望校の設定は、難易度が高くても全然構いません。入試直前の段階においては、リアルな滑り止めを設定するのが常ですが、第一志望のレベルを今の自分の学力に合わせる必要はまったくありません。

では「難易度設定」とは、いったいなんのことを言っているのか? それは普段使用する参考書や問題集のことを指しています。成績が伸び悩んでいる受験生は、参考書や問題集の難易度設定が間違っていることが多いのです。

気持ちよく「レベル上げ」をするために必要な条件とは?

ここで再び、ゲームのことを考えてみましょう。『ドラクエ』をはじめとするRPGにおいては、主人公を成長させるための「レベル上げ」が必要となる場面があります。そして良くできたゲームというのは、その時点の主人公にとってちょうどいい強さの敵が目の前に出現するようにできています

一方でクオリティの低いゲームの場合、まだ主人公のレベルが低く、ロクな武器装備も手に入らない段階で強敵に出逢って一撃でやられてしまったり、反対に主人公の行ける範囲内にいるモンスターが弱すぎるために、いくら倒しても全然レベルが上がらないという不毛な状態を招いてしまいます。

いずれの場合も、プレイヤーのモチベーションが大きく下がってしまうのは火を見るより明らかでしょう。それはやはり「努力が報われない状況」であるからです。人間がある対象について面白さを感じるためには、その内容以前に「適切な難易度」が不可欠であるということです。

難易度設定が適切でないと、せっかくの努力も報われない

成績が伸び悩んでいるとき、人は基本的に、自分の学力だけに問題があると考えがちです。しかしRPGで主人公のレベルを上げるためには適切な強さの敵が必要であるように、受験生が学力レベルを上げるためには、適切な難易度の問題(目の前の敵)が必要です。この二つの要素は学力向上のための両輪であって、どちらか一方だけでは速く走ることができません。

つまり主人公がいくら勉強を頑張っても、ちょうどいいレベルの「敵=問題」が目の前に現れてくれないとうまく成長していくことができないということです。物事が上手くいかなくなったとき、人はとかくむやみに頑張ろうとしがちですが、自分自身を成長させるためには、それだけでは空回りしてしまう可能性が高い。

ここはひとつ冷静になって、自分と参考書/問題集のレベルが適切でないのではないかと考え、難易度設定の見直しをはかるのが第一です。

参考書/問題集の難易度は、「問題」よりも「解説」を基準に判定すべし

さて、いざ参考書/問題集の難易度レベルを判定するにあたって考えなければならないのは、「問題」と「解説」のどちらを基準に難易度を測るのかということです。

普通に考えれば、問題をやってみてあまりに間違いが多いようであればレベルを下げる、という判断になると思いますが、それだと単に「正解できる問題=もうやる必要のない問題」をより多くやることになってしまいます。正解によってモチベーションは多少上がるかもしれませんが、すでに相手にする必要のない敵と頻繁に戦う分だけ、効率としてはむしろ悪化することになります。レベルが上がってきているのにスライムばかり倒しているのは、明らかに時間の無駄であるわけです。

なのでここは、「解答/解説のレベル」を基準に難易度を設定すべきです。たとえ問題に正解できなくとも、解説を読んで理解できるのであれば、それはあなたにとって適切な難易度の参考書/問題集であると言えます。問題に間違えたとしても解説を読んで理解できれば、その納得感が確実にモチベーションにつながりますから、問題が難しいからといってやる気をなくしてしまうこともないはずです。

さらには、一般に「問題の難易度」と「解説の難易度」が比例しているかというと、そうとも限りません。むしろ難しい問題集のほうが網羅性が高く、細かいところまで解説が行き届いている場合も少なくないのです。

数ある参考書/問題集の中でも、「過去問」だけは使用目的が異なる

しつこいようですが、再度RPGにたとえてみましょう。問題が「敵」だとすれば、解説は主人公を助けてくれる「武器」にあたります。難易度の高い敵を倒したほうが経験値は稼げますから、自分のレベルは低くても強力な装備によって互角に戦えるならば、ある程度強い敵と戦ったほうがレベルの上がりは速くなります

ちなみに、RPG的にいえば志望校の過去問は「ラスボス」ということになるでしょうか。いや、本当に倒すべき真の「ラスボス」はまだ見ぬ入試本番の問題なので、過去問は「仮想ラスボス」とでも言うべきか。

いずれにしろ過去問は、まだレベルに達していない受験生にとっては問題が難しく解説もあまり充実していないため、難易度的にはかなり「不適切」であることが予想されます。しかしここだけは例外として、受験勉強の初期段階で当たって砕けておくことを強くおすすめします

それは根本的に通常の参考書/問題集とは使用目的が異なるためで、過去問には「受験勉強の基本方針を定めるための情報源」として真っ先に活用する価値があるからです。あくまでも過去問は本当の敵ではなく「仮想」のラスボスですから、倒すことを目標とする必要はありません。RPGでいえばスタート地点で世界地図が手に入るようなものなので、早めの過去問分析により、その後の冒険を圧倒的有利に進めることができます。


exam.hateblo.jp

exam.hateblo.jp

Copyright © 2017 すなわち君の受験勉強法は端的に間違っている All Rights Reserved.